導入事例

INTERVIEW

マッチ度の高い学生に対し濃度の高い面接を実施することで1期目より効果を実感

error 採用課題
新設部署で競争の激しいAI人材の採用
flag 導入の決め手/狙い
AI人材にターゲット設定をできること・少ないリソースで運用できること
done 効果
マッチ度の高い学生に対し、濃度の高い面接を実施することで1期目より効果を実感

株式会社アビスト

自動車向け機械部品設計開発アウトソーシングが主力の東証一部上場企業。TECH OFFERを導入しているのは、AI、AR技術を用いてソリューションを提供しているAIソリューション事業本部(2019年に新設された部署)。AIソリューション事業本部は主に製造業のお客様をメインにデータ準備/前処理支援や予測精度向上支援を行い、誰でも簡単に精度の良い予測をおこなうことができることを支援するAI-Plant Bamboo(AI構築プラットフォーム)事業やAR/MR技術により、実物間(部品等をホログラムとして表示し形状や組合せを確認)、情報提供(必要情報をホログラムとして表示)などの業務支援をHoloLensを利用し行う事業などを行っている。 AIソリューション事業本部は東証一部の組織の中にありながら、ベンチャー企業のように自由度を持って業務を行っていることが特徴的。

業界:工業設計技術サービス事業、AIソリューション事業

従業員数:1,247名(連結)

AIソリューション事業本部
清水 豪

取材日:2021/02/09

注:写真は2020年2月時点、現在はリモートワークに移行

新設の部署で競争の激しいAI人材の採用するため、様々な採用手段を検討

ーTECH OFFER導入の背景や経緯について教えてください

AIソリューション事業本部は2019年の新設の部署で(取材は2021年2月実施)本体の機械部品設計開発アウトソーシングの採用ペルソナとは大きく異なることから、AIソリューション事業本部は独自で採用を行う必要があり、様々な媒体やサービスを検討しました。

ー多くの媒体、サービスを検討したうえでTECH OFFERを導入した背景を教えてください

はい。様々な媒体やサービスを検討する中でTECH OFFERの導入を決定したのは、理系人材に特化していてかつ手間や工数がかからないため、コストパフォーマンスも高いと感じたからです。

AIソリューション事業本部は全体で10名程度の組織であり、他の業務を掛け持ちながら採用活動を行う必要があるため、手間がかからないことも非常に重要でした。そして我々が求めるのはまさにAIの先端分野を学ばれている学生ですので、その学生が多く登録していることが最も重要な条件でした。そのすべてをかなえてくれるのがTECH OFFERであると考え、導入を決定しました。

AI系のキーワードが豊富であることに魅力を感じた

また詳細なキーワード設定も魅力的でした。当社が求める能力は細かいキーワードやマニアックなキーワードも多く、特にAI系のマニアックキーワードが網羅されていたことには「すごいな」と感じました。

質の高い学生と高濃度の面談を実施したことで採用につながり、効果を実感

ー実際にTECH OFFERを利用してみていかがですか。

登録学生の“人材の質”が高いと感じていますし、採用の難しいAI人材を採用出来て成果を実感していますので、今後も継続的に利用させていただくつもりです。ある程度ニーズが合う学生にこちらからオファーが送れますので、面談前に学生の方の研究分野を把握して、面接に臨むので1回目の面談から研究内容や技術的な話など深いところまで話すことができることが、弊社としても一人一人の理解を高めることが出来ますし、学生の満足度を高めることが出来、うまく採用につながっていると考えております。

ー今後、TECH OFFERのサービス面やサポート面での期待や改善提案などございましたらお願いいたします。

TECH OFFERの使いやすさには満足していますし、社内でも好評です。TECH OFFERの担当者の方もしっかりサポートしてくれますし、学生心理や内定の出し方など理系学生採用にかかるノウハウといったサービスに関係ないところまで相談させてもらったこともありますし、理系学生に特化した貴社ならではの価値を実感しております。今後サービスが大きくなるにつれてまた弊社でも予想していない学生との新たな出会いを期待しておりますので引き続きご指導よろしくお願いいたします。

貴重なご意見をありがとうございます。今後もしっかりと結果に繋げていけるよう、努めてまいります。本日は、ありがとうございました 。